ガラスコーティング

Gコート【ガラスコーティング20】

液体からガラス被膜を形成する。

塗膜の擦り傷を最大限に抑える。

硬度

ガラスコーティングの特徴

他に類のない圧倒的な塗膜硬度

フローリングが傷む原因の一つに毎日の生活の中でスリッパなどの摩耗による(サンドペーパーで擦った状態)すり減りや小キズにより徐々に傷みが発生します。
まずは傷がつきにくいように被膜を作って上げることが大切です。

スリッパによる引きずり傷がサンドペーパーで擦った状態になる

一度付いた傷は元には戻らない
Gコート【ガラスコーティング20】は鉛筆引っかき硬度試験において[8H]の硬度を実証済み!


他のフロアコーティングは...

  • ワックス:B~Fの硬度
  • ウレタンコーティング:2Hの硬度
  • UV、シリコンコーティング:5Hの硬度

スリッパによる引きずり傷がサンドペーパーで擦った状態になる
スリッパによる引きずり傷がサンドペーパーで擦った状態になる


希釈塗料はアルコールだけで!

油性系の塗料はワックスなどと違い、粘度が高いため塗装時に希釈するのが一般的です。ほとんどの塗料は希釈時に使用する液体はシンナーですが、GコートはIPA(イソプロピルアルコール)にて希釈します。よって施工中のスタッフも安心して利用でき、また施工後多少臭いがあってもすぐに揮発してくれるメリットがあります。

艶調整が自由自在!

ガラスコーティングに使用する塗料にある添加剤を加えることにより、仕上がりの「艶」を調整することができます。
よって、ご希望の艶感により答えられるコーティングとしてますます幅広く普及する画期的なフロアコーティングです。

各フロアコーティングの共通の特徴

 フローリングが傷みにくくなる
  ※摩耗しにい。湿気に強くなる。

 汚れが落としやすい
  ※お掃除が簡単になる。

 滑りにくくなる
  ※ペットやお年寄りにやさしい。

 塗料の安全性
  ※ゼロホルムアルデヒド [F☆☆☆☆]
  ※食品衛生法に適合している。

他社や過去の情報に惑わされないでください。

「ガラスコーティングは割ることがあるので注意が必要」と掲載されたHPなどを見たことがあると心配されている方が見えますが、他社はどうであれメイプル社では施工開始以来、ガラス膜が割れたということはありません。(食器などの落下物での割れもありません。)

施工上の注意事項を無視したり経験が浅い職人がまだまだ未熟な場合を除けば、かなり精度の高いコーティング剤です。また、そんな噂を流す業者がいるとすれば、ガラスコーティングで一度失敗したか、もともとガラスコーティングを施工したことがない方だと推測できます。


よくある質問

Q.艶の調整(全艶、7部艶、5部艶)によって金額は変わりますか?

お値段は変わりません。ご安心下さいませ。ただし部屋ごとに艶を変える場合は別途料金が発生いたします。

Q.艶によって滑りやすさは違いますか?

艶によって「滑り」は変わります。また、素材によって変わるのでサンプルで確認することをおすすめします。
また「全艶の方が滑りにくく、「5部艶の方が滑りやすくなります。

Q.ガラスコーティングとuvコーティングはどちらの方がいいのか、教えてください。

2013年頃から大幅にシート系のフローリングが増えています。もともとシート系の床材は従来の床材と比べれば表面の仕上げが硬く仕上げられています。(推定:引っかき硬度試験で3H~5H)コーティング剤の引っかき硬度がないと、「傷つきやすさ」においては意味がありません。よって素材がシート系ならガラスコーティングをお薦めします。シート系以外ならどちらでも選択されて問題ありません。

Q.ガラスコーティングは他社では耐久年数30年と言っているところがありますが、何が違うのですか?

あまり年数に惑わされないでください。耐久年数とは基本、次の数値で決まります。

  • 耐久年数 = 塗膜の厚さ × 塗膜硬度 
    ※密着性が十分であることが大前提です。

塗膜の厚さと塗膜硬度を確認してください。